新電力事業

新電力とは

電力の自由化とは2000年4月から進められている電力事業分野の制度改革です。

 

これまでは、電気の供給は国から許可された電力会社のみが行ってきましたが、制度改革により、新たに電気事業に参入した事業者 (特定規模電気事業者)でも電力の販売が可能となりました。

電力自由化の範囲

契約区分 範囲 自由化開始 需要家例
特別高圧 2,000kW以上 2000年3月 大規模工場、大規模ビル・ホテル
高圧
500kW以上~2,000kW未満 2004年4月 中規模工場、中小ビル・スーパー
50kW以上~500kW未満 2004年5月 小規模工場、中小ビル・スーパー
低圧 50kW未満 2016年4月(予定) 住宅、小型店舗

新電力事業の構築支援サービス

エッジ・エナソル・ジャパンでは新電力事業の構築支援サービスを提供しております。

成果報酬形式で売上拡大を支援、ご要望に応じたサービスをご提供いたします。

(成果物が伴う支援の場合、一部、実費をご負担頂く場合がございます)

1.顧客獲得・営業支援

実際の営業活動を行い、需要家を獲得します。営業マテリアルの設計から販売チャネル構築も対応します。

  • 需要家への営業活動
  • 営業マテリアル作成
  • 販売チャネル構築

2.サービスモデル設計

貴社既存ビジネスと親和性が高くなるよう、新電力事業のビジネスモデルを設計します。

  • サービスモデル設計
  • 目標業務フロー設計
  • 電力料金設計

3.電源シミュレーション

電源構成とベース電源のシミュレーションを行い、電力会社と締結すべき契約の方針を整理します。

  • 必要電源量試算
  • ベース電源シミュレーション

4.投資対効果分析

事業推進の意思判断が容易となるよう、P/L、C/Fベースで投資対効果分析を行います。

  • 投資対効果分析
  • 損益シミュレーション

電力販売・買取サービス

2015年度開始予定です。